カテゴリー別アーカイブ: お知らせ・トピックス

ASPA2016年度定期総会&懇親会ご案内

*日時:2016年5月21日(土)午後3時半~7時半(受付3時~)

*場所:まんぷく市場 宗右衛門町店 TEL:06-6213-3988 中央区宗右衛門町1-15(地下鉄堺筋線日本橋駅徒歩5分)

*プログラム:3時半~4時半 定期総会 5時~懇親会

*ゲスト:太平洋諸島出身の方々

*懇親会会費:御一人 五千円

*なお、会員の方々には、後日お葉書にてご出欠をお聞きいたしますので、ご返信よろしくお願いいたします。 😆

「マリンダイビングフェア2016」開催ご案内

*太平洋諸島(PIC)センターから、下記ご案内です。ダイビングファンの方は、ぜひお立ち寄りください。

PICセンターは、4月1日(金)〜3日(日)まで池袋サンシャインシティで開催されるマリンダイビングフェア2016に出展いたします。http://www.marinedivingfair.com/?doing_

今年も、日頃から太平洋諸島の観光プロモーションにおいて連携させていただいている下記団体の皆様と一緒に、マリンアクティビティを中心とした太平洋諸島の観光の魅力を皆様にアピールしたいと思っております。
ブースは、コンベンションセンター文化会館3F展示ホールC海と島の旅ゾーンC-03です。

・サモア大使館・フィジー大使館・トーホートラベル株式会社
・NPO法人バヌアツ親善協会・株式会社グローブ
・有限会社PNGジャパン

初日1日(金)の16時50分からはJATA主催のディスティネーションセミナーにおいて各国の最新観光情報もお伝えいたします。
皆様にもぜひ会場にお越しいただければ幸いです。ご来場を心よりお待ちしています。http://www.pic.or.jp/

 

日程変更です!「フィジー大規模サイクロン災害復興支援アピール」開催

「フィジー大規模サイクロン災害復興支援アピール」開催のご案内

先般、諸事情により延期となりました駐日フィジー共和国大使館主催「大規模サイクロン災害復興支援アピール」(後援:笹川平和財団)につきまして、4月12日(火)午後6時より、笹川平和財団ビルで開催されることが決定いたしましたので、あらためてご案内申し上げます。
本年2月20日~21日、南半球史上最強のサイクロン・ウィンストンが、最大風速84.9m/秒、カテゴリー5の勢力を保ちながらフィジーを直撃し、各地に甚大な被害をもたらしました。フィジー政府は減災をめざし、住民に対する事前の情報伝達・避難の呼びかけなどを行いましたが、死者44名、推定人口90万人の約40%にあたる35万人が被災し、特に離島部および沿岸部では、豪雨、強風、そして津波のような高潮により多くの村落が壊滅的被害を受けました。

フィジー政府は、国連機関、日本、豪州、ニュージーランド、米国、フランス、イタリア、スウェーデン、インド、中国、韓国、サモア、ナウル、ソロモン、マーシャル、国際赤十字・赤新月社などの国際社会と共に緊急支援に取り組んでおりますが、依然として食料、水、仮設住居、医薬品等、5億ドル規模の支援が必要であり、また今後、資金のみならず物資や技術などの中長期的支援が必要な状況にあります。

この「大規模サイクロン災害復興支援アピール」では、マタイトンガ特命全権大使および駐日フィジー共和国大使館職員が災害の実態、現状、必要な支援に関する説明を行います。またプログラム終了後には、皆様に大使をはじめ大使館職員と自由に会話していただく場を設ける予定です。

フィジーは1970年の独立以来、日本の親しい友人であり、東日本大震災以降、駐日フィジー共和国大使館は毎月のように被災地を訪問し、フィジー政府は被災地の学生を無償でフィジーに招くなど日本に対する支援を続けてきました。

本プログラムの趣旨をご理解いただき、皆様のご参加とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

【日時】2016年4月12日(火)18:00~19:30 (17:30受付開始)

【会場】笹川平和財団ビル 11階 国際会議場
東京都港区虎ノ門1‐15‐16
【主催】駐日フィジー共和国大使館
後援:笹川平和財団

【プログラム】
17:30~受付開始
18:00~18:10 開会挨拶
18:10~19:00 「現状報告および復興支援アピール」
19:00~19:30 質疑応答

使用言語】英語(日本語同時通訳)【その他備考】参加費無料【お申し込み】4月11日(月) 12:00までにお申込みください。https://www.spf.org/spinf/spinf_j/news/article_20945.htmlお申込みの際に皆様からいただく個人情報は、当財団の主催または後援によるセミナー、講演会等へご案内する際に使用させていただきます。

 

 

ASPA Hot Photo report from Tonga & Samoa:Mar’16

Reported by Mr.Toyoshima

*行ってみたいですね*

1)トンガ

ココナッツ
ココナッツ
リゾートホテル
リゾートホテル

Tonga,16Mar-7

What a nice spot!
What a nice spot!
ココナッツミルクテイ―のBreakfast
ココナッツミルクテイ―のBreakfast
How beautiful!
How beautiful!
トンガの白浜独り占め!
トンガの白浜独り占め!
ロマンチックな夕暮れ!
ロマンチックな夕暮れ!

2)サモア

サモアもいいですね!
サモアもいいですね!

Samoa,16Mar-11

サモアの海の家;お泊り可能だそうです。
サモアの海の家;お泊り可能だそうです。

Samoa-16Mar-6

シーサイドロード
シーサイドロード
高原かな?
高原かな?
ホテル廊下の生け花
ホテル廊下の生け花
飲んでみたい?アイスティーカプチーノだそうです。スターフルーツがトロピカルですね!
飲んでみたい?アイスティーカプチーノだそうです。スターフルーツがトロピカルですね!
リゾートホテルのレストラン
リゾートホテルのレストラン

12571291_1183660134985607_152418381_n

Samoa-16Mar-5Samoa-16Mar-7

別ホテル:ナチュラルな建築様式
別ホテル:ナチュラルな建築様式

ASPA会員中井さん,トンガにGO!

*中井さん、只今トンガ語習得中。お仕事はボチボチかな?とのこと:lol:トンガ移住を楽しんでおられますね 😉 Mar.12,16

トンガのバーべキュ―ランチ
トンガのバーべキュ―ランチ

Mar.6,16-1Mar.7,16-1Mar.7,16

*1月12日販売代理店マネージャーと顧客あいさつ回りだそうです。中井さん、皆さんのお話を真剣に聞き入っていますね 。頑張ってください 😆 2016.1.12-12016.1.12-22016.1.12-3

*1月7日、ASPA会員の中井さんが、トンガに旅立ちました。トンガで日本人初の自動車&ボート整備事業の開業です。高度な日本の整備技術指導は、トンガ国の若者育成に必ず役立つことでしょう。これから随時現地レポート送信されますので、御楽しみください。2016.1.72016.1.9トンガ三日目 きょうは日曜日 とりあえず泳ぎました。
明日から仕事します・・・・・。tofoa Nuku’alofa

お友達リンク①方丈庵21レポート

*方丈庵21自作レポート3月’16(京丹波町)建築助っ人募集中➣3月30~31日内装工事建築助っ人隊KIMG0182

イロリ付自作組立ハウス「方丈庵21」<松村理事長設計>にご興味のある方は下記アクセスください。

松村理事長宅敷地内(広島安芸太田町)
松村理事長宅敷地内(広島安芸太田町)

http://homepage3.nifty.com/houjouan21/

「方丈庵21」お問い合わせ先⇒妍環境計画:TEL:06-6371-8244

在日フィジー共和国大使館からのお知らせ!

*English follows the Japanese version

各 位

「フィジー大規模サイクロン災害復興支援アピール」開催のご案内

来る3月30日、笹川平和財団ビルにおいて、駐日フィジー共和国大使館による「フィジー大規模サイクロン災害復興支援アピール」が開催されます(後援:笹川平和財団)。

本年2月20日~21日、南半球史上最強のサイクロン・ウィンストンが、最大風速84.9m/秒、カテゴリー5の勢力を保ちながらフィジーを直撃し、各地に甚大な被害をもたらしました。フィジー政府は減災をめざし、住民に対する事前の情報伝達・避難の呼びかけなどを行いましたが、死者44名、推定人口90万人の約40%にあたる35万人が被災し、特に離島部および沿岸部では、豪雨、強風、そして津波のような高潮により多くの村落が壊滅的被害を受けました。

フィジー政府は、国連機関、日本、豪州、ニュージーランド、米国、フランス、イタリア、スウェーデン、インド、中国、韓国、サモア、ナウル、ソロモン、マーシャル、国際赤十字・赤新月社などの国際社会と共に緊急支援に取り組んでおりますが、依然として食料、水、仮設住居、医薬品等、5億ドル規模の支援が必要であり、また今後、資金のみならず物資や技術などの中長期的支援が必要な状況にあります。

この「大規模サイクロン災害復興支援アピール」では、マタイトンガ特命全権大使および駐日フィジー共和国大使館職員が災害の実態、現状、必要な支援に関する説明を行います。またプログラム終了後には、皆様に大使をはじめ大使館職員と自由に会話していただく場を設ける予定です。

フィジーは1970年の独立以来、日本の親しい友人であり、東日本大震災以降、駐日フィジー共和国大使館は毎月のように被災地を訪問し、フィジー政府は被災地の学生を無償でフィジーに招くなど日本に対する支援を続けてきました。

本プログラムの趣旨をご理解いただき、皆様のご参加とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

【日時】2016年3月30日(水)17:00~18:30(16:30受付開始)

【会場】笹川平和財団ビル 11階 国際会議場

東京都港区虎ノ門1‐15‐16

【主催】駐日フィジー共和国大使館

後援:笹川平和財団

【プログラム】

16:30~受付開始

17:00~17:10 開会挨拶

17:10~18:00 「現状報告および復興支援アピール」

18:00~18:30 質疑応答

【使用言語】英語(日本語同時通訳)【その他備考】参加費無料【お申し込み】3月29日(火) 17:00までにお申込みくださいhttps://www.spf.org/spinf/spinf_j/news/article_20945.html 。 お申込みの際に皆様からいただく個人情報は、当財団の主催または後援によるセミナー、講演会等へご案内する際に使用させていただきます。

To Whom It May Concern;

Greetings from Embassy of the Republic of Fiji, Tokyo.

“Fiji – Worst Tropical Cyclone Winston Coverage & Rehabilitation Appeal”

■Overview

Category 5 Tropical Cyclone Winston – the most devastating storm in recorded history in the Southern Hemisphere with a maximum speed of 84.9m/s ravaged Fiji on the 20-21 of February 2016. Cyclone Winston has flattened entire villages particularly those in remote and coastal areas with torrential rain, storm surges and wind gusts. Reports from the Fijian Government and various international agencies indicated that the scale of destruction is beyond anything experienced before in Fiji. Winston took lives, destroyed homes and livelihoods, and cut off many Fijians from utilities, telecommunications, education and essential medical services. With Fiji’s projected population of 900,000, and approximately 350,000, or 40% of the population were directly affected. The death toll stands at 44 with countless injured. Public infrastructure have been devastated, homes shattered, schools ravaged, communities and livelihoods destroyed. Material loss aside, Cyclone Winston in its wake, has left behind debris of anguish and despair for the whole entire Fijian community. In its response, the Fijian Government together with its domestic and international partners are working hard to coordinate recovery and rehabilitation efforts, particularly in the provision of food, water, temporary shelters, health and sanitation. With the destruction of this scale, the cost naturally will be colossal. Government sources have placed initial estimates at around US$500 million. There is great need for additional resources and expertise to assist Government’s efforts to rebuild communities and the economy with resilient infrastructures, shelters, people and safety-net in the medium to long-term.

■Speaker:HE Mr Isikeli Mataitoga, Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary and Staff of the Embassy of the Republic of Fiji in Tokyo

■Time:Wednesday, 30 March 2016 from 5:00 PM – 6:30 PM (Registration from 4:30PM -)

■Place:The Sasakawa Peace Foundation Bldg. 11F, International Conference Room

(1-15-16 Toranomon, Minato-ku, Tokyo 105-8524 http://www.spf.org/profile/access.html)

■Sponsorship:Co-sponsored by The Sasakawa Peace Foundation [SPF] and the Embassy of the Republic of Fiji, Tokyo Japan [FET]

■Language:English (Simultaneous interpretation in Japanese available)

■Admission:Free

■Program
Time

Contents

17:00-17:10

Opening Remarks

17:10 -18:00

Current Situation Coverage and Rehabilitation Appeal

18:00-18:30

Q&A

*Please register at https://www.spf.org/spinf/spinf_j/news/article_20945.html (Japanese only) or send email to consular@fijiembassy.jp by Tuesday, 29 March 2016 at 5:00pm. Email must include 1) your name, 2) institution, 3) position, and 4) e-mail address.

We hope that many of you will be able to join us.

Thank you.

Kelera Savu

for Ambassador

EMBASSY OF THE REPUBLIC OF FIJI, TOKYO

Tokyo, Japan

Tel: 81-3-3587-2038

www.fijiembassy.jp

*サポートお願いいたします*

FijiCyclone Winston,'16Mar1)フィジー サイクロンウィンストン被災に関しての救済募金お願い

‘A generous person will prosper: whoever refreshes others will be refreshed’ – Proverbs 11:25

To Whom It May Concern;

Greetings from Embassy of the Republic of Fiji, Tokyo.

The Fiji Embassy in Tokyo (FET) has launched an appeal for the Cyclone Winston Relief Fund to provide assistance to the victims of the Category 5 – Tropical Cyclone Winston.

Tropical Cyclone Winston – the most devastating storm on record in the Southern Hemisphere – ravaged the island nation on the 20-21 of February 2016, taking lives, destroying homes and livelihoods, and cutting many Fijians off from utilities, telecommunications and essential medical services.

Reports indicate the scale of destruction is beyond anything experienced before in Fiji. As of now, the death toll stands at 43, with countless injured. Public infrastructure have been devastated, homes shattered, schools ravaged, communities and livelihoods destroyed. Material loss aside, Cyclone Winston in its wake, has left behind debris of anguish and despair for whole entire Fijian communities.

In response to this disaster, the Fijian Government together with its domestic and international partners are working hard to coordinate recovery and rehabilitation efforts. There is a great need for additional resources to urgently address the needs of affected Fijians and assist with the rebuilding process.

The full cost and extent of the damage suffered by the people of Fiji will not be known for a few weeks. Disaster Assessment Teams have started their task of mapping the extent of the damage. Early estimates from the Fiji Government puts the cost of the damage to infrastructures, homes and agriculture at around F$1 billion. This is expected to increase as firmer assessments are received. This nonetheless, excludes what government has to do in terms of building mitigation measures.

The FET welcomes any financial contribution/donation towards the Cyclone Winston Relief Fund Appeal, which will be channelled to the Fijian Government Cyclone Relief Fund, to support the Fijian Government’s work in the rehabilitation efforts and assistance for those whose homes and livelihoods have been affected. In seeking assistance for those affected, we are reminded of the bible’s assurance for those that give a helping hand to those in need – ‘Give and it shall be given to you’ – Luke 6: 38.

Your contributions will go a long way in making a difference to someone’s life in Fiji in the next coming weeks.

The bank and account details to which you may deposit your contribution in is as follows:

Name of Bank: Mizuho Bank

Branch Name: Kamiyacho Branch

Account Name: FET Cyclone Winston Relief Fund

Account Number: 1382564 (Ordinary account)

http://fijiembassy.jp/cyclone-winston-appeal/

Please include your names or organizations in the narration.

Despite being resilient people, the Fijians will still draw a lot of inspiration from your kindness, knowing that humanity stood with them in their time of great need.

Arigatou gozaimasu.

フィジー サイクロンウィンストン被害に対する救済募金のお願い

平成28年2月20日から21日かけてフィジーを襲ったサイクロンウインストンは、南半球の観測史上最大級といわれ、死者43名を含む、多数のけが人、家屋や学校の倒壊、通信手段の切断など、数々の被害をフィジーにもたらし、その被害は、全人口の40%のフィジー国民に及ぶと報告されています。

この被害に対し、フィジー政府は全力をあげての復旧作業に臨んでおりますが、一日も早い復興のために、皆様の協力を必要としております。

フィジー政府はこの過去にない大惨事により、家や財産を失った人々、そして遠隔地に住む人々へのライフラインの一日も早い復旧、復興のために、皆様からの寄付を呼びかけています。

在日フィジー共和国大使館は、これを受けて、サイクロンウインストンによる被害に対しての、皆様からの募金のご協力をお願いしています。

皆様のご協力で、助かるフィジー人がたくさんいます。

皆様のご支援、ご協力をどうか宜しくお願いします。

救済募金口座

みずほ銀行 神谷町支店

口座番号:普通 1382564

口座名義: エフイーティー サイクロン ウインストン レリーフ ファンド

http://fijiembassy.jp/ja/cyclone-winston-appeal/

ご協力いただける方は、お名前もしくは会社名の明記をお願いいたします。

ご協力ありがとうございます。

Kelera Savu

for Ambassador

EMBASSY OF THE REPUBLIC OF FIJI, TOKYO

在日フィジー共和国大使館

Tel: 81-3-3587-2038

www.fijiembassy.jp

 

2)第40回アジアの祭典「チャリテイバザー2016」日時:4月6日(水)11~15時 会場:ANAインターコンチネンタル地下1階大宴会場(東京都港区赤坂1-12-33) 寄付内容;入場券(抽選券つき)寄付 2000円、ラッフル券(福引券)寄付 500円 収益は、すべてアジア・大洋州26か国参加国の福祉、教育支援、災害援助のために使用されます。本年のバザー委員長はシンガポール大使夫人です。本年度の日本ブースは、和歌山県が観光紹介・物産の販売 をされます。サポートご希望の方は、3月30日までにASPA事務局までご連絡よろしくお願いいたします。 🙂 第40回チャリティ―バザー2016