カテゴリー別アーカイブ: フィジー

イベントご案内

1)JICA国際交流の集い~太平洋の島国からの留学生と交流しよう <日時>3月29日(木)17:00~19:00 <会場>明治大学紫紺館3F(S3・4会議室)<アクセス>JR御茶ノ水駅より徒歩5分

2)第42回アジアの祭典・チャリテイーバザー入場券及び福引券購入ご協力お願いします。<日時>4月18日(水)11時~15時 <会場>ANAインターコンチネンタルホテル東京地下1F大宴会場☆入場券(抽選券付)寄附2000円、福引券寄付500円<申込先>ASPA事務局、<締切>3月9日なお、事前ご連絡いただきましたら、当日までもOKです。3)フィジー諸島共和国でのビジネス開発及び投資のワークショップへの参加者募集<日程>7月9~10日10:30~4:30<開催場所>フィジー諸島共和国ナディ<参加締切>3月31日<申込先>駐日フィジー共和国大使館二等書記官サブ・クレラさん☆参加希望者には追って詳細ご連絡 😀 

南太平洋セミナーご案内(PICセンター主催)

【明治大学リバティアカデミーPIC連携講座「太平洋諸島の歴史と文化」受講募集中】

Photo by Mr.K.T
Photo by Mr.K.T

PICは、毎年明治大学リバティアカデミーと連携して、春と秋に太平洋に関わる政治・経済・文化についての公開講座を開催しています。今年度秋季の連続講座では、当センター副所長の黒崎が、11月の土曜日午後に3回にわたって、メラネシア・ポリネシア・ミクロネシアの歴史と文化についてお話致します。すでに募集を始めておりますが、応募定員に迫る勢いです。ご関心のある方は、是非お早目にご登録ください。

http://blog.pic.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=2408

【「太平洋諸島ビジネスセミナー」仙台開催のご案内」

9月15日(木)、JETROとPICによる「太平洋諸島ビジネスセミナー」を仙台にて開催します。東北地方の中心でもある仙台ではフィジー、キリバス、ミクロネシア連邦の各名誉総領事が活動されており、太平洋の島々と日本の交流の発展に努めておられます。こうした多くの方々の協力を得ながら、本セミナーでは太平洋島嶼国で貿易・投資を実施していくことの魅力をお伝えしていきたいと思います。当日は黒崎副所長より太平洋の島々での日本企業の活躍についてご紹介、また斎藤所長より7月に実施された「サモアビジネス交流訪問団」の報告も行います。お近くに皆様は奮ってご参加ください。(登録は下記のURLを通じてJETROのHP上で行えます。)

http://blog.pic.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=2392

【バヌアツの旅行記を掲載しました】

「南の島こんなとこ」に、ご夫婦でバヌアツを旅したT. Sさんの旅行記を掲載しました。
噴火するヤスール火山の映像とあわせ、ぜひご覧ください。

http://blog.pic.or.jp/modules/contents/report/index.htm

詳細につきましては、太平洋諸島センターまでご連絡ください。
TEL/FAX: 03-5259-8419/8429 Email: seminar@pic.or.jp
http://blog.pic.or.jp/modules/ccenter/?form=1

太平洋諸島に関するイベントご案内(東京会場)

1)PNG理解促進講演会シリーズ「日本の対パプアニューギニア開発援助方針とプロジェクト」

*日時:2016年6月9日(木)午後3:00~4:30

*場所:尚友倶楽部 会議室(千代田区霞ヶ関3-3-1 尚友会館ビル8F) TEL:03-3580-2020

*講師:外務省国際協力局 国別開発協力第1課 企画官 小島宗一郎氏

*参加費:2000円

*申込先:パプアニューギニア友の会事務局 TEL:03-5226-7741 email:pngtomonokai@yahoo.co.jp

2)第20回PIC懇話会

*日時:6月28日(火)午後6:30~8:30

*場所:明治大学紫紺館 4F会議室

*参加費:2000円

*申込先:6月24日までにPICセンターにメールまたはFAX。

20th懇談会案内状0526、20th返信フォーム

3)太平洋諸島学会 第4回研究大会

*日時:7月9日(土)11:00~17:00

*場所:早稲田大学早稲田キャンパス3号館402教室(新宿区西早稲田1-6-1)

*詳細:IMG_20160603_0001_NEW小林理事長あいさつIMG_20160603_0002_NEWNo4.programIMG_20160603_0003_NEW参加注意事項IMG_20160603_0004_NEW参加申込書

*懇親会:17:50~ 会費:4000円

ご不明の点がありましたら、ASPA事務局までご一報ください 🙂

日程変更です!「フィジー大規模サイクロン災害復興支援アピール」開催

「フィジー大規模サイクロン災害復興支援アピール」開催のご案内

先般、諸事情により延期となりました駐日フィジー共和国大使館主催「大規模サイクロン災害復興支援アピール」(後援:笹川平和財団)につきまして、4月12日(火)午後6時より、笹川平和財団ビルで開催されることが決定いたしましたので、あらためてご案内申し上げます。
本年2月20日~21日、南半球史上最強のサイクロン・ウィンストンが、最大風速84.9m/秒、カテゴリー5の勢力を保ちながらフィジーを直撃し、各地に甚大な被害をもたらしました。フィジー政府は減災をめざし、住民に対する事前の情報伝達・避難の呼びかけなどを行いましたが、死者44名、推定人口90万人の約40%にあたる35万人が被災し、特に離島部および沿岸部では、豪雨、強風、そして津波のような高潮により多くの村落が壊滅的被害を受けました。

フィジー政府は、国連機関、日本、豪州、ニュージーランド、米国、フランス、イタリア、スウェーデン、インド、中国、韓国、サモア、ナウル、ソロモン、マーシャル、国際赤十字・赤新月社などの国際社会と共に緊急支援に取り組んでおりますが、依然として食料、水、仮設住居、医薬品等、5億ドル規模の支援が必要であり、また今後、資金のみならず物資や技術などの中長期的支援が必要な状況にあります。

この「大規模サイクロン災害復興支援アピール」では、マタイトンガ特命全権大使および駐日フィジー共和国大使館職員が災害の実態、現状、必要な支援に関する説明を行います。またプログラム終了後には、皆様に大使をはじめ大使館職員と自由に会話していただく場を設ける予定です。

フィジーは1970年の独立以来、日本の親しい友人であり、東日本大震災以降、駐日フィジー共和国大使館は毎月のように被災地を訪問し、フィジー政府は被災地の学生を無償でフィジーに招くなど日本に対する支援を続けてきました。

本プログラムの趣旨をご理解いただき、皆様のご参加とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

【日時】2016年4月12日(火)18:00~19:30 (17:30受付開始)

【会場】笹川平和財団ビル 11階 国際会議場
東京都港区虎ノ門1‐15‐16
【主催】駐日フィジー共和国大使館
後援:笹川平和財団

【プログラム】
17:30~受付開始
18:00~18:10 開会挨拶
18:10~19:00 「現状報告および復興支援アピール」
19:00~19:30 質疑応答

使用言語】英語(日本語同時通訳)【その他備考】参加費無料【お申し込み】4月11日(月) 12:00までにお申込みください。https://www.spf.org/spinf/spinf_j/news/article_20945.htmlお申込みの際に皆様からいただく個人情報は、当財団の主催または後援によるセミナー、講演会等へご案内する際に使用させていただきます。

 

 

在日フィジー共和国大使館からのお知らせ!

*English follows the Japanese version

各 位

「フィジー大規模サイクロン災害復興支援アピール」開催のご案内

来る3月30日、笹川平和財団ビルにおいて、駐日フィジー共和国大使館による「フィジー大規模サイクロン災害復興支援アピール」が開催されます(後援:笹川平和財団)。

本年2月20日~21日、南半球史上最強のサイクロン・ウィンストンが、最大風速84.9m/秒、カテゴリー5の勢力を保ちながらフィジーを直撃し、各地に甚大な被害をもたらしました。フィジー政府は減災をめざし、住民に対する事前の情報伝達・避難の呼びかけなどを行いましたが、死者44名、推定人口90万人の約40%にあたる35万人が被災し、特に離島部および沿岸部では、豪雨、強風、そして津波のような高潮により多くの村落が壊滅的被害を受けました。

フィジー政府は、国連機関、日本、豪州、ニュージーランド、米国、フランス、イタリア、スウェーデン、インド、中国、韓国、サモア、ナウル、ソロモン、マーシャル、国際赤十字・赤新月社などの国際社会と共に緊急支援に取り組んでおりますが、依然として食料、水、仮設住居、医薬品等、5億ドル規模の支援が必要であり、また今後、資金のみならず物資や技術などの中長期的支援が必要な状況にあります。

この「大規模サイクロン災害復興支援アピール」では、マタイトンガ特命全権大使および駐日フィジー共和国大使館職員が災害の実態、現状、必要な支援に関する説明を行います。またプログラム終了後には、皆様に大使をはじめ大使館職員と自由に会話していただく場を設ける予定です。

フィジーは1970年の独立以来、日本の親しい友人であり、東日本大震災以降、駐日フィジー共和国大使館は毎月のように被災地を訪問し、フィジー政府は被災地の学生を無償でフィジーに招くなど日本に対する支援を続けてきました。

本プログラムの趣旨をご理解いただき、皆様のご参加とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

【日時】2016年3月30日(水)17:00~18:30(16:30受付開始)

【会場】笹川平和財団ビル 11階 国際会議場

東京都港区虎ノ門1‐15‐16

【主催】駐日フィジー共和国大使館

後援:笹川平和財団

【プログラム】

16:30~受付開始

17:00~17:10 開会挨拶

17:10~18:00 「現状報告および復興支援アピール」

18:00~18:30 質疑応答

【使用言語】英語(日本語同時通訳)【その他備考】参加費無料【お申し込み】3月29日(火) 17:00までにお申込みくださいhttps://www.spf.org/spinf/spinf_j/news/article_20945.html 。 お申込みの際に皆様からいただく個人情報は、当財団の主催または後援によるセミナー、講演会等へご案内する際に使用させていただきます。

To Whom It May Concern;

Greetings from Embassy of the Republic of Fiji, Tokyo.

“Fiji – Worst Tropical Cyclone Winston Coverage & Rehabilitation Appeal”

■Overview

Category 5 Tropical Cyclone Winston – the most devastating storm in recorded history in the Southern Hemisphere with a maximum speed of 84.9m/s ravaged Fiji on the 20-21 of February 2016. Cyclone Winston has flattened entire villages particularly those in remote and coastal areas with torrential rain, storm surges and wind gusts. Reports from the Fijian Government and various international agencies indicated that the scale of destruction is beyond anything experienced before in Fiji. Winston took lives, destroyed homes and livelihoods, and cut off many Fijians from utilities, telecommunications, education and essential medical services. With Fiji’s projected population of 900,000, and approximately 350,000, or 40% of the population were directly affected. The death toll stands at 44 with countless injured. Public infrastructure have been devastated, homes shattered, schools ravaged, communities and livelihoods destroyed. Material loss aside, Cyclone Winston in its wake, has left behind debris of anguish and despair for the whole entire Fijian community. In its response, the Fijian Government together with its domestic and international partners are working hard to coordinate recovery and rehabilitation efforts, particularly in the provision of food, water, temporary shelters, health and sanitation. With the destruction of this scale, the cost naturally will be colossal. Government sources have placed initial estimates at around US$500 million. There is great need for additional resources and expertise to assist Government’s efforts to rebuild communities and the economy with resilient infrastructures, shelters, people and safety-net in the medium to long-term.

■Speaker:HE Mr Isikeli Mataitoga, Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary and Staff of the Embassy of the Republic of Fiji in Tokyo

■Time:Wednesday, 30 March 2016 from 5:00 PM – 6:30 PM (Registration from 4:30PM -)

■Place:The Sasakawa Peace Foundation Bldg. 11F, International Conference Room

(1-15-16 Toranomon, Minato-ku, Tokyo 105-8524 http://www.spf.org/profile/access.html)

■Sponsorship:Co-sponsored by The Sasakawa Peace Foundation [SPF] and the Embassy of the Republic of Fiji, Tokyo Japan [FET]

■Language:English (Simultaneous interpretation in Japanese available)

■Admission:Free

■Program
Time

Contents

17:00-17:10

Opening Remarks

17:10 -18:00

Current Situation Coverage and Rehabilitation Appeal

18:00-18:30

Q&A

*Please register at https://www.spf.org/spinf/spinf_j/news/article_20945.html (Japanese only) or send email to consular@fijiembassy.jp by Tuesday, 29 March 2016 at 5:00pm. Email must include 1) your name, 2) institution, 3) position, and 4) e-mail address.

We hope that many of you will be able to join us.

Thank you.

Kelera Savu

for Ambassador

EMBASSY OF THE REPUBLIC OF FIJI, TOKYO

Tokyo, Japan

Tel: 81-3-3587-2038

www.fijiembassy.jp

*サポートお願いいたします*

FijiCyclone Winston,'16Mar1)フィジー サイクロンウィンストン被災に関しての救済募金お願い

‘A generous person will prosper: whoever refreshes others will be refreshed’ – Proverbs 11:25

To Whom It May Concern;

Greetings from Embassy of the Republic of Fiji, Tokyo.

The Fiji Embassy in Tokyo (FET) has launched an appeal for the Cyclone Winston Relief Fund to provide assistance to the victims of the Category 5 – Tropical Cyclone Winston.

Tropical Cyclone Winston – the most devastating storm on record in the Southern Hemisphere – ravaged the island nation on the 20-21 of February 2016, taking lives, destroying homes and livelihoods, and cutting many Fijians off from utilities, telecommunications and essential medical services.

Reports indicate the scale of destruction is beyond anything experienced before in Fiji. As of now, the death toll stands at 43, with countless injured. Public infrastructure have been devastated, homes shattered, schools ravaged, communities and livelihoods destroyed. Material loss aside, Cyclone Winston in its wake, has left behind debris of anguish and despair for whole entire Fijian communities.

In response to this disaster, the Fijian Government together with its domestic and international partners are working hard to coordinate recovery and rehabilitation efforts. There is a great need for additional resources to urgently address the needs of affected Fijians and assist with the rebuilding process.

The full cost and extent of the damage suffered by the people of Fiji will not be known for a few weeks. Disaster Assessment Teams have started their task of mapping the extent of the damage. Early estimates from the Fiji Government puts the cost of the damage to infrastructures, homes and agriculture at around F$1 billion. This is expected to increase as firmer assessments are received. This nonetheless, excludes what government has to do in terms of building mitigation measures.

The FET welcomes any financial contribution/donation towards the Cyclone Winston Relief Fund Appeal, which will be channelled to the Fijian Government Cyclone Relief Fund, to support the Fijian Government’s work in the rehabilitation efforts and assistance for those whose homes and livelihoods have been affected. In seeking assistance for those affected, we are reminded of the bible’s assurance for those that give a helping hand to those in need – ‘Give and it shall be given to you’ – Luke 6: 38.

Your contributions will go a long way in making a difference to someone’s life in Fiji in the next coming weeks.

The bank and account details to which you may deposit your contribution in is as follows:

Name of Bank: Mizuho Bank

Branch Name: Kamiyacho Branch

Account Name: FET Cyclone Winston Relief Fund

Account Number: 1382564 (Ordinary account)

http://fijiembassy.jp/cyclone-winston-appeal/

Please include your names or organizations in the narration.

Despite being resilient people, the Fijians will still draw a lot of inspiration from your kindness, knowing that humanity stood with them in their time of great need.

Arigatou gozaimasu.

フィジー サイクロンウィンストン被害に対する救済募金のお願い

平成28年2月20日から21日かけてフィジーを襲ったサイクロンウインストンは、南半球の観測史上最大級といわれ、死者43名を含む、多数のけが人、家屋や学校の倒壊、通信手段の切断など、数々の被害をフィジーにもたらし、その被害は、全人口の40%のフィジー国民に及ぶと報告されています。

この被害に対し、フィジー政府は全力をあげての復旧作業に臨んでおりますが、一日も早い復興のために、皆様の協力を必要としております。

フィジー政府はこの過去にない大惨事により、家や財産を失った人々、そして遠隔地に住む人々へのライフラインの一日も早い復旧、復興のために、皆様からの寄付を呼びかけています。

在日フィジー共和国大使館は、これを受けて、サイクロンウインストンによる被害に対しての、皆様からの募金のご協力をお願いしています。

皆様のご協力で、助かるフィジー人がたくさんいます。

皆様のご支援、ご協力をどうか宜しくお願いします。

救済募金口座

みずほ銀行 神谷町支店

口座番号:普通 1382564

口座名義: エフイーティー サイクロン ウインストン レリーフ ファンド

http://fijiembassy.jp/ja/cyclone-winston-appeal/

ご協力いただける方は、お名前もしくは会社名の明記をお願いいたします。

ご協力ありがとうございます。

Kelera Savu

for Ambassador

EMBASSY OF THE REPUBLIC OF FIJI, TOKYO

在日フィジー共和国大使館

Tel: 81-3-3587-2038

www.fijiembassy.jp

 

2)第40回アジアの祭典「チャリテイバザー2016」日時:4月6日(水)11~15時 会場:ANAインターコンチネンタル地下1階大宴会場(東京都港区赤坂1-12-33) 寄付内容;入場券(抽選券つき)寄付 2000円、ラッフル券(福引券)寄付 500円 収益は、すべてアジア・大洋州26か国参加国の福祉、教育支援、災害援助のために使用されます。本年のバザー委員長はシンガポール大使夫人です。本年度の日本ブースは、和歌山県が観光紹介・物産の販売 をされます。サポートご希望の方は、3月30日までにASPA事務局までご連絡よろしくお願いいたします。 🙂 第40回チャリティ―バザー2016

Happy Christmas Holiday!!

Xmas'15 photo by K.TFrom ASPA,Osaka

Christmas card by Fiji Embassy'15

フィジー大使館のクララ書記官より、フィジー大使からのクリスマスカードお届けいただきました。ご一読ください。

To Whom It May Concern;

Greetings from Embassy of the Republic of Fiji, Tokyo.

Please find attached Christmas eCard from HE Mr. Isikeli Mataitoga.

Wishing you all and your families a Merry Christmas and a Happy New Year 2016.

Kind regards,

Kelera Savu
for Ambassador
EMBASSY OF THE REPUBLIC OF FIJI, TOKYO

太平洋諸島学会第3回研究大会&第18回PIC懇談会ご案内

*関東在住のASPA会員の皆様、ご参加お申込みお待ちしています。

日時:2015年7月12日(日)11:00~17:00

場所:筑波大学東京キャンバス(文京校舎)120教室/文京区大塚3-29-1

会場:10:30

開会:大会開会あいさつ

個人発表:第一部:11:10~12:30

発表1.佐本 英規氏(筑波大学だい学院)「グローバル化時代におけるメラネシア在来音楽:ソロモン諸島アレアレの竹製パンパイブス・アウをめぐって」

発表2.水元 芳氏(福岡女子大学准教授)「ミクロネシア連邦ポンペイ州における人々の『肥満』意識に関する研究」

昼食休憩:12:30~13:30

第二部:13:30~14:50

発表3.クニオ スエナガ氏(駐日ミクロネシア連邦大使館書記官)「移民と出稼ぎ:ミクロネシアから米国へ」

発表4.小島 潤氏(日本大学教授)「オーストラリアの対フィジー政策評価」

学会総会:15:00~15:30

シンポジウム:13:35~17:00

テーマ:「太平洋・島サミット」の開催意義と今後の展開

PALM7 LOGO(修正)

 

コーデイネーター:黒崎 岳大氏(PICセンター次長)

パネラー:①畝川 憲之氏(大阪学院大学准教授)②千野 境子(元産経新聞論説委員長)③和田 幸浩(外務省大洋州課長)

懇親会:17:30~ 会費4000円

申込先:ASPA事務局までメールまたは電話

締切:7月7日

キャロラインさんとチャリテイーバザー参加!

4月8日来日中のキャロラインさん歓迎を兼ね、東京在住ASPA会員Eさんとアジア太平洋諸国チャリティーバザーにサポート参加して来ました。残念ながら会場での福引券懸賞開始時間には、間に合わずじまいでしたが、太平洋諸国各大使館(サモア・フィジー・パプアニューギニア・バヌアツ・ミクロネシア連邦・マーシャル諸島等)の特産品販売ブースに立ち寄り、PNGドッサバ大使夫妻、マーシャル諸島アンネット公使、フィジー大使館二等書記官のクレラさん他にご挨拶して参りました。当日は、あいにくの雨模様でしたが、会場内はトロピカルな雰囲気で盛会でした。ASPA関係者から、福引券ご購入のご援助いただき、フィジー大使館とマーシャル大使館に各1万円のサポートさせていただきました。ご寄附ありがとうございました 😆

1428499483183[1]DSC_0104[2]1428499536050[1]

花冠ゲット!

夕方には、浅草出身のASPA会員T氏がキャロライン歓迎に馳せ参じてくれまして、浅草見物と名物料理を味わって参りました。Caroline'15asakusa

手打ち蕎麦!美味しかったね!
手打ち蕎麦!美味しかったね!

*下記フィジー大使館レポートにもアクセスください。

http://fijiembassy.jp/ja/2015-04-14-alfsbazaar/