カテゴリー別アーカイブ: イベント

「なにわの伝統食文化を語り味わう会」ご案内

*当会設立以来、顧問をお引き受けいただいております中馬弘毅先生が主催されるNPO法人大阪ユネスコ協会創立70周年記念事業「なにわの食文化を語り味わう会」のご案内です。下記詳細ご高覧いただき、ご参加ご希望の方は、至急ASPA事務局までご連絡お願いいたします。

日時:1月27日(土)13:30~19:00

場所:KKRホテル大阪 白鳥の間・銀河の間

会費:8000円

主催:NPO法人大阪ユネスコ協会

 

ASPA顧問中牧先生の講演会ご案内

*ASPA顧問中牧先生(現吹田市立博物館館長)の新春講演会ご案内させていただきます。Kyurekistの方は、ぜひご参加ください。大変お勉強になります。

日時:2018年1月8日(祝)13:30~15:00

場所:吹田市立博物館2F

演題:世界のこよみ、こよみの世界

新春館長講演会2018チラシ

新年のご挨拶を申し上げます。

*皆様、良いお年をお迎えでしょうか?本年もASPAをどうぞよろしくお願い申し上げます。

*昨年は、松村理事長の突然の逝去に直面いたし、事務局業務が大幅に滞りまして、ASPA会員の皆様には大変ご迷惑をおかけいたし、心からお詫び申し上げます。

*11月26日故松村理事長の「楽居庵」にて、無事49日忌を営ませていただきました。未だ慌ただしく引継ぎの残務処理に追われておりますが、ASPA設立以来、故松村理事長がライフワークとして築き上げてきました太平洋島嶼国との「心と心のおつきあい」を本年も推進して参ります。

*本年最初のイベントは2月3~4日の「ワンワールドフェステイバル」です。また5月には「島サミット」が開催され、太平洋島嶼国から14ヶ国の首脳陣が来日されます。日本との繋がりもより深まっていくと期待しております。引き続きのサポートをどうぞよろしくお願い申し上げます。

2018年春

「故松村理事長を偲ぶ会」ご案内

*東京 日時:10月30日(月)7:30~9:30pm 場所:「稲田屋大手町店」 会費:5000円(飲食代)

*大阪 日時:11月12日(日)4:00~7:00pm 場所:まんぷく市場 宗右衛門町店 会費:5000円(飲食代)

*広島 日時:11月26日(日)1:00~3:00予定(開始時間は少し前後するかもしれません) 場所:元津浪小学校体育館又は音楽室 会費:約2000円(飲食代)

*申込先:準備の都合上、ASPA事務局まで、必ず事前にTel,Fax,又はemail よろしくお願いいたします。

**出席申込みの方々には、詳細を事前にご連絡させていただきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「2017年旧暦勉強会」と「故松村理事長を偲ぶ会」(東京会場)ご案内

*本年も、故松村理事長が遺してくれました旧暦のノウハウを共有いたしたく、下記のように旧暦勉強会(東京会場)を予定通り開催させていただきます。なお、終了後、「故松村理事長を偲ぶ会」として有志にて食事会を予定いたしております。皆様のご参加をお待ち申し上げます。

(1)旧暦勉強会

♦日時:2017年10月30日(月)6:00~7:15pm(受付5:45~) ♦場所:日経本社東京本社ビル7F会議室  ♦参加資格:ASPA会員、ASPA旧暦カレンダー愛用者及び一般の旧暦普及に興味のある方 ♦ 申込人数:先着20名程度、 ASPA会員以外の方は、テキストコピー代500円実費ご協力お願いいたします)

(2)「故松村理事長を偲ぶ会」

♦日時:2017年10月30日(月)7:30~9:30pm♦場所:「稲田屋大手町店」カンファレンスセンター(経団連ビルB1)大手町1-3-2 TEL03-3282-1708♦会費:5000円(飲食代)

♦申込先:準備の都合上、27日までに、ASPA事務局へTEL、FAX又はメールお願いいたします。

PICセンターからのお知らせ!

※「パシフィック・ブリーズ」では、パシフィック・アイランダーズ・クラブの皆様にPIC主催及び後援事業等についてご案内しております。

****************************************
《目次》
・フィジー・貿易投資セミナー受付開始しました!!
・JICA地球広場でパラオを対象とした特別展示および関連セミナーが実施されます。
・明治大学リバティアカデミーPIC連携講座「太平洋諸島の歴史と文化」受講募集中!
・ソロモン諸島観光ガイドブックを改訂しました。
****************************************

【フィジー・貿易投資セミナー受付開始しました!!】

9月21日(木)に在京フィジー大使館とJETRO、PICの共催で、「フィジー・貿易投資セミナー」を開催します。「南太平洋の十字路」として知られている、太平洋島嶼国の要、フィジー共和国。最近日本との交流も再び活発化しはじめました。本セミナーでは、これまでフィジーに進出して活躍してきた日本企業の皆さんのお話を中心に、同国で貿易・投資を実施していくことの魅力をお伝えしていきたいと思います。当日は現地の貿易投資庁の職員とともに黒崎副所長もフィジーの経済についてプレゼンを行います。また来春予定されている現地でのビジネスイベントについても発表いたします。
なお、セミナーの詳細および申し込み方法につきましては、下記のページをご参照ください。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

https://goo.gl/h4jW5t

【JICA地球広場でパラオを対象とした特別展示および関連セミナーが実施されます。】

JICA地球ひろばでは、隔月で「国別展示」と「パートナー(NGO、企業、教育機関、自治体等)展示」を実施しています。9月は国別展示として、展示・セミナー・料理を通して、パラオ共和国の魅力を紹介しています。
この国別展示に関連して、9月25日(月)には黒崎副所長がパラオの歴史と日本との関係についてプレゼンテーションを行います。また、22日(金)には、笹川平和財団の塩澤英之主任研究員が「パラオにおける環境配慮型ツーリズム」についてお話を行います。パラオに関心のある皆さんは奮ってご参加ください。
なお、セミナーの詳細および参加申し込み方法に関しては、こちらをご参照ください。

https://goo.gl/Mk1AUu

【明治大学リバティアカデミーPIC連携講座「国際社会における太平洋諸島と日本外交」受講募集中】

PICは、毎年明治大学リバティアカデミーと連携して、春と秋に太平洋に関わる政治・経済・文化についての公開講座を開催しています。今年度秋季の連続講座では、当センター副所長の黒崎が、11月の土曜日午後に3回にわたって、太平洋諸島における日本の外交課題についてお話致します。すでに募集を始めておりますが、お陰様で応募定員に迫る勢いです。ご関心のある方は、是非お早目にご登録ください。

http://blog.pic.or.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=2764

【ソロモン諸島観光ガイドブックを改訂しました】

当センター発行国別観光ガイドブックのソロモン諸島を改訂しました。今回の改訂にあたってはソロモン諸島政府観光局日本事務所のご協力のもと、現地に住む日本人が結成したソロモン美食協会、JICA事務所、キタノ・メンダナ・ホテル、現地観光局の皆様による貴重な情報と写真の提供をいただきました。どうぞご活用ください。

https://goo.gl/wrRXb5

詳細につきましては、太平洋諸島センターまでご連絡ください。
TEL/FAX: 03-5259-8419/8429 Email: seminar@pic.or.jp
https://goo.gl/RirYW1

松村理事長旧暦講演会ご案内

*三嶋暦師の館イベント 市民講座④

~旧暦で知る季節の予測~

♦日時:10月28日(土)13:30~15:00

♦会場:三嶋暦師の館 三島氏大宮町2-5-17 ☎055-976-3088(お車の方は、三嶋大社の駐車場をご利用ください)

♦参加費:¥300円(資料代)

♦申込・問い合わせ:三嶋暦師の館(月曜休館)TEL/FAX:055-976-3088    9:30~16:30

♦申込〆切:10月25日(水)

感謝!PNG救急箱寄贈クラウドファンディング達成できました!

*5月16日にスタートさせていただきました、「患者が1/10に!パプアニューギニアのママに救える命を託したい」Readyforクラウドファンディング、お陰様で6月30日最終日終了3時間前に、無事目標額を達成させていただきました。心から感謝申し上げます (^^♪

会員の皆様、ASPA旧暦カレンダーご愛用の皆様、ASPA活動をご支援いただく多くの皆様から、本当に温かいご寄附をいただきました。厚く御礼申し上げます。

寄付金は、本年9月20日渡航予定の「第15次PNGソワム村・カオク村支援行動隊」としての簡易医療奉仕プログラムに活用させていただきます☆感謝(^_-)-☆

カオク村の人々
カオク村の人々
医薬品を寄贈されるソワム村のアシスタントナース
アイ子看護師から医薬品を贈られ、喜びのソワム村アシスタントナース

特別ゲスト講演会「パプアニューギニアの森の破壊と村人の生活の今ー森は生命の源ー」ご案内

「ウータン・森と生活を考える会」石崎様からの下記ご案内です。お時間ある人はご参加ください。

特別ゲスト講演会「パプアニューギニアの森の破壊と村人の生活の今 一森は生命の源-」

ポール・パボロさんは、原生林を守るために生命がけの活動を続けてきた。
村々の人々と共に、不法な伐採企業に抵抗し、暴力を振るわれても怯むことなく、伐採企業を訴えた裁判を起こし、今に至っている。
パプアニューギニア各地では、1970年代から日本企業やマレーシアの伐採企業による昼夜を問わない伐採と丸太輸出が行われてきた。輸出された丸太の60%が日本行きで、日本で合板(特にコンパネ)となって建築現場で使用され使い捨てられてきた。現地からの丸太輸出先が中国中心となった現在も、日本はアジア・中国経由の膨大な合板輸入を行い、熱帯材消費国であり続けている。
日本の私達の住まいと暮らしが、ポール・パボロさんたちの最後の原生林をも消そうとしている。彼は多忙を縫って連帯を求めて来日する。

●お話し ポール・パボロさん
(1972年パプアニューギニアのニューブリテン島ムー村生まれ)

●通訳・概要説明 清水靖子(メルセス会修道院)

●司会 西岡良夫(ウータン・森と生活を考える会代表)

とき:7月7日(金)午後6時30分~午後8時30分

場所:大阪聖パウロ教会1階会議室(大阪府大阪市北区茶屋町2-30)

参加費:1000円

問い合せ :石崎(info@hutangroup.org  090-8145-1146)西岡(hutan.nishioka@docomo.ne.jp)まで

主催:「パプアニューギニアとソロモン諸島の森を守る会」
共催:「ウータン・森と生活を考える会」
※ポール・パボロさんについ、詳しくは「パプアニューギニアとソロモン諸島の森を守る会」のホームページ( http://www.pngforest.com/ )「ニュースレター」の「太平洋の森から38号」をご覧下さい。